小川法相「死刑反対論者でない」

 野田内閣の改造で就任した小川敏夫法相は15日にNHKの番組出演後、朝日新聞などの取材に対し、2010年7月を最後に執行がない状態が続いている死刑について「執行する」と明言しました。「やりたくはないが、(執行は)法相の職責」と語り、「死刑制度の反対論者ではない」と自らの立場も明確にしたものです。

 民主党政権下では、千葉景子法相の時代に2人の刑を執行しましたが、その後法務大臣に就任した柳田稔、仙谷由人、江田五月、平岡秀夫の4人はいずれも執行はありません。
 民主党としてはどっちなんでしょうね?、死刑反対なのか賛成なのか。どっちにしても死刑制度がある以上、執行は法務大臣の職務であり、死刑制度のある国の法務大臣に、死刑反対論者を任命するのがそもそもの間違いでしょう。死刑反対者も法務大臣になって死刑反対を叫ぶのよりも、死刑制度廃止のための法案を提出するのが筋というもの。小川法相にはしっかり職責を果たしてほしいものです。

 小川敏夫は立教大学法学部卒業後、裁判官、検察官、弁護士を経験。1998年、第18回参議院議員通常選挙に民主党公認で東京都選挙区から出馬して初当選。民主党参議院幹事長、参議院外交防衛委員長、参議院決算委員長を歴任しました。

振り込め詐欺に遭いやすい名前

 振り込め詐欺に遭いやすい名前、と言う物があるそうです。「キク」「ハナ」といったカタカナ表記の名前か、名前の末尾が「代」「枝」「江」「子」などがそれ。実は振り込め詐欺の犯人は、独り暮らしの高齢者を狙い、年配女性に比較的多いこれらの名前を電話帳から探し出す傾向があるという事です。

 大分県警はこの「被害に遭いやすい名前」の人に、NTTの電話帳から氏名を削除するよう促しているそうです。
 更に県警は、これらの名前を電話帳から抽出、昨年11月までに電話帳の個人情報が詐欺に使われやすいことを伝える内容の葉書を県内に約1万7千枚発送したそうです。

 なるほど、そう言う手口でしたか。よく考えるものです。詐欺というのは馬鹿には出来ない犯罪ですが、これだけ頭が回るなら真っ当な商売も出来そうなものを・・・・。

 振り込め詐欺は、電話や葉書などを使って相手をだまし、金銭を振り込ませる犯罪行為で、詐欺事件の総称として2004年に警察庁が命名しました。それまで肉親を装って金を振り込ませる手口が主流で、“オレオレ詐欺”と呼ばれていたのですが、手口の多様化によって名称と実態が合わなくなったため、架空請求詐欺や融資保証金詐欺などと合わせる形で、警察庁によって統一名称として決定されています。

モスクワで過去最大規模の抗議デモ

 モスクワのデモは、旧ソ連の反体制運動家でノーベル平和賞を受賞したアンドレイ・サハロフ氏の名をとったサハロフ通りで行われたそうです。

 デモを受けて、旧ソ連最後の指導者、ミハイル・ゴルバチョフ元大統領(80)は、プーチン首相に辞任を呼び掛けました。ゴルバチョフ氏はデモ参加を検討していたもののかなわず、当日のラジオのインタビューでプーチン首相を批判。ゴルバチョフ氏は7日にもインタファクス通信の取材に対し、「多くの操作や改ざんがあった。選挙結果は国民の意思を反映していない。したがって下すべき決断はただ1つ。選挙結果を無効にして選挙をやり直すことだ」とし、選挙のやり直しを求めていました。

 さらに、デモでは、以前であれば、拘束のおそれがあったような内容の横断幕が掲げられたと言う事です。「われわれは目覚めた、これは始まりに過ぎない」と書かれた横断幕や、「プーチンよ、われわれは臆病者でも奴隷でもない」と書かれた横断幕が掲げられていたと言うのだから、流石のプーチンも手が出せない状態になっているのかもしれません。