関電の全原発停止へ

 関西電力の17日発表によると、福井県大飯郡高浜町の高浜原子力発電所3号機(出力87万キロ・ワット)の定期検査で、20日午後から原子炉を止める作業に入り、深夜に停止するそうです。

 高浜原子力発電所が停止すれば、関西だけでなく、西日本の全ての原子力発電所が停止することになります。また、関西電力管内の電力供給力は200万キロ・ワット減少する事に。

 関西電力は原子力による比重が約55%と、日本の電力10社の中でも最も高く、原発停止による影響を最も大きく受けます。それはつまり、関西電力管内の京都府、大阪府、滋賀県、赤穂市福浦を除く兵庫県、奈良県、和歌山県、および福井県の三方郡美浜町以西と三重県の熊野市以南の電力事情が著しく悪化すると言うことです。もし、このまま再稼働が出来ない、と言うことになったら今年の夏は大丈夫でしょうか?。また輪番停電が実施されるのか。それならまだしも、最悪の場合には関西全域が大停電を起こすとか。