シャープ3年ぶり営業黒字

 シャープが28日発表した2017年3月期決算によると、本業のもうけを示す営業損益が前年の1619億円の赤字から624億円の黒字となり、3年ぶりの黒字転換を果たしたそうです。

 純損益は248億円の赤字でしたが、これも前年実績の2559億円から大幅に改善しています。また、シャープ最大の売上高である液晶事業は前年の1772億円の赤字から35億円の黒字になっています。

 野村勝明副社長は記者会見で、「構造改革やコストダウンの取り組みが想定以上の成果を上げた」と述べましたが、売上高は前年比16・7%減の2兆0506億円で、余り喜んでもいられません。しかし、売上高が16・7%減なのに黒字化を達成するとは、今までいかに無駄が多かったかと言う事でしょう。

 これまでのシャープは何をやっても功を奏せず、赤字ばかりが膨らんで、遂に昨年台湾の鴻海精密工業に買収されてしまいましたが、わずか1年で黒字転換です。これまでの経営陣は一体何をしていたのか?、と言う話です。