薬価50倍つり上げ製薬会社CEO、詐欺で逮捕

 検察当局が明らかにした所によると、エイズ患者向け感染症治療薬の値段を50倍にして批判を浴びた製薬会社チューリング・ファーマシューティカルズのマーティン・シュクレリ最高経営責任者(32)が17日に詐欺の容疑で逮捕されたそうです。

 アメリカ連邦捜査局によると、逮捕容疑は詐欺で、「数々の虚言、ごまかし、強欲が絡んだ証券詐欺」を通じて計1100万ドル(約13億5000万円)を横領した疑いがかけられていると言うことです。

 検察は同容疑者が経営していたバイオ企業レトロフィンとヘッジファンド2社も詐欺に関与しているとみており、アメリカ証券取引委員会もシュクレリ容疑者を詐欺の疑いで告発しました。

 日本の制度だと、突然薬価が50倍も上がることは考えられませんが、最近アメリカでは薬価の値上がりが相次いで社会問題化しており、次期大統領選の民主党候補であるヒラリー・クリントン氏が製薬会社による「法外な価格設定」の問題に取り組むことを約束するほど。今回の逮捕は、薬価つり上げとは関係ありませんが、何らかの影響はあるかもしれません。