花巻東の大谷、高校生投手最速160キロ

 今秋のプロ野球ドラフト会議の目玉、高校ビッグ3の一人である花巻東高校の大谷翔平投手(3年)が、岩手大会準決勝の一関学院戦で今夏初先発。その試合6回2死二、三塁のピンチで見逃し三振を奪った直球が、岩手県営野球場のスピードガンで時速160キロを表示しました。時速160キロは、2001年夏の甲子園大会で日南学園高校の寺原隼人投手(現オリックス・バファローズ)が出した158キロを抜き“高校生最速記録”となりました。

 6回2死二、三塁。初球で157キロをたたきだし、154キロ、157キロ、159キロ、157キロ。そして3ボール2ストライクからの6球目に高校生最速の160キロを計測。電光掲示板に映し出された「160km/h」の文字にスタンドは大きくどよめき、拍手が湧き起こりました。

 最近では高校生の投手が150km/hを出すのも珍しく無くなってきていますが、1980年以降、高校生では日南学園の寺原隼人(現オリックス)が2001年夏の甲子園で出した158キロ(スカウト計測)が最速でした。甲子園以外では仙台育英の佐藤由規(現ヤクルト)が2007年9月の日米親善大会で157キロを出しています。
 その他有名な所では松坂大輔や菊池雄星、辻内崇伸、高井雄平等。

 ちなみにプロ野球の投手で160キロ以上は2008年にマーク・クルーン(巨人)が162キロを記録、2010年に佐藤由規(ヤクルト)が161キロ、2009年林昌勇(ヤクルト)と今年7月5日のマシソン(巨人)が160キロを記録しており、合計4人。

カフェイン入り栄養飲料の危険性

 「高濃度のカフェイン入り栄養ドリンクを日常的に飲むと、アルコール依存症になって過剰飲酒の習慣に陥る危険性が極めて高くなる」とする研究結果があります。

 アメリカのメリーランド大のアメリア・アリア氏率いる研究チームは、大学生1000人以上を対象にカフェイン入り栄養ドリンクの消費と飲酒に関する調査を行った結果、カフェイン入り栄養ドリンクを毎日または週に1度以上飲んでいる学生では、たまにしか飲まない、または全然飲まない学生に比べて、アルコール摂取の量も頻度も多く、アルコール依存症になる確率も高いことがわかりました。

 更に、カフェイン入り栄養ドリンクの消費量が多い学生ほど、意識を失ったり、二日酔いで授業を休んだりといったアルコールにまつわる問題が多く見られ、自傷行為も起こしやすかったとの事です。

 ある研究者によると、こうした栄養ドリンク1本にはコーヒー2~3杯分のカフェインとビール3本分のアルコールが含まれているといいます。

 アメリカでは、主に若者向けに販売されている栄養ドリンクに危険性が指摘され、ミシガン、ニューヨーク、オクラホマ、ユタ、ワシントンの5州と一部の大学では、アルコールとカフェインを混ぜ合わせた栄養ドリンクについて発売を禁止しています。

特許侵害訴訟で和解

 アメリカのインターネット検索大手Yahooがアメリカ時間7月6日に発表した所によると、Facebookに対する特許侵害訴訟を取り下げ、Facebookと新たな提携関係を進めて行くそうです。

 Yahooはカリフォルニア州サンノゼの連邦地方裁判所で2012年3月に訴訟を起こし、「Facebookのソーシャルネットワークモデル全体が、Yahoo保有の特許技術に基づいている」と主張していました。これに対してFacebookは4月、10以上の特許をめぐって逆提訴していたものです。

 両者は「YahooとFacebookは新たな広告提携を開始し、配信協定を拡大および拡張するとともに、両社の間で係争中のすべての特許訴訟について和解することで最終合意に達したことを発表する。
 特許ポートフォリオのクロスライセンスを含む今回の合意により、両社は今後、消費者と広告主に対し、YahooとFacebook上で展開および配信される高級なメディア体験を提供すべく協力する。さらに、両社は提携により、Yahooサイト上でのソーシャル機能の統合に協力し、Yahooが展開する大規模メディアイベント報道をFacebookユーザーにも提供していく」としています。

 またYahooの暫定最高経営責任者(CEO)は、今回の発表について「Facebookとこれまで以上に深い提携関係を確立することができ、うれしく思う」との声明を発表しています。