関西国際空港、全員脱出完了

 関西国際空港を運営する関西エアポートの5日発表によると、台風21号による高潮と高波で、一時約8000人の利用客が同空港内に孤立していましたが、5日の午後11時までに全員が空港内から脱出したそうです。

 関西国際空港では最大風速58メートルを記録、高波と高潮で滑走路が冠水して全便の離発着が停止。さらに、付近に停泊中だったタンカーが強風と高波に流されて、同空港と泉佐野市を結ぶ連絡橋に衝突するなどして、空港内に利用客約8000人が孤立しました。

 同空港の防潮壁は、50年に一度クラスの台風を想定、高潮が防潮堤を越えない設計になっていましたが、今回の台風21号はその想定を超えてしまいました。

 関西国際空港は大阪湾の人工島に作られた海上空港で、1994年に開港しました。全てが人工島からなる空港は世界初で、旅客と貨物の双方で24時間運用を行う日本で最初の空港でもあります。

 しかし、空港と本土を結ぶ連絡橋は1本だけ。他の移動手段は高速船のみで、今回連絡橋の片側路線がタンカーの衝突で損傷したため多くの利用客が孤立することになりました。

 そのため、関西エアポートは残った片側路線を使ったバスと、高速船によるピストン輸送を行い空港内から利用客を脱出させたものです。

 停電のために空港内の放送設備が使えず、一時かなり混乱したようですが、なんとか全員の脱出が完了しました。今回の台風では、海上空港の弱点がモロに出てしまいました。

祇園事故、4人が死亡

 12日午後1時過ぎ、京都市東山区大和大路通四条の交差点付近で、軽ワゴン車が歩行者の列に突っ込む事故がありました。

 京都市消防局によると、男性5人、女性8人の計13人がはねられて搬送され、心肺停止や意識不明の7人のうち、3人(男性2人、女性1人)が死亡が確認されているそうです。
 車は事故後、大和大路通を北上して逃走し、約200メートル先でタクシーなどを追い越そうとして電柱に衝突して停止。運転していた同市西京区の30歳とみられる男も病院搬送後、死亡が確認されています。

 赤信号の交差点へ、クラクションを鳴らしながら減速せずに突っ込んだようです。まともな人間でないのは間違いなさそうですが、犯人の死亡により、事件の真相が明らかになる事はないかも知れませんが、なんとなく秋葉原の通り魔殺人事件を思い出してしまいます。特定個人を狙ったのではなく、無差別殺人。両方とも世界的に有名な観光地であることも共通していますし。

新大分発電所が緊急停止

 大分市にある九州電力の火力発電「新大分発電所」(出力229.5万キロ・ワット)が3日未明、燃料供給設備のトラブルで緊急停止しました。

 寒波により配管の一部が凍結したそうです。しかも暖房需要が急速に高まり、最大電力需要は午後6時台に1538万キロ・ワットまで上昇し、冬場の過去最大を更新。電力供給力(1591万キロ・ワット)に対する電力使用率も初めて96.7%を記録、つまり3.3%しか余裕がなかったと。他の電力会社からの電力供給を受けて計画停電は回避出来たようですが、一歩間違えれば大規模停電の危険すらあった緊急事態でした。

 福島第一原子力発電所の事故以降、日本中の原子力発電所が次々と停止。停止自体は定期点検のためですが、問題は再稼働の目処が立たないことです。新しい安全基準の策定に手間取り、また地元の知事が再稼働に慎重な態度を示すため、中々再稼働が出来ません。そのため、旧式の火力発電所までがフル運転を強いられ、今回のようのトラブルも発生しています。おかげで日本の電力事情は綱渡りの状態で、まだ暫く続きそうです。