芸能人二十数人が関与か

 入札するたびに手数料がかかるインターネットオークション「ペニーオークション」の詐欺事件で、タレントほしのあきさん(35)が「同サイトで商品を落札した」と虚偽の書き込みをした事を自身のブログで告白、謝罪しましたが、他にも複数の芸能人が別のサイト名を挙げて同様の書き込みをしていたことが分かりました。

 ネット上の情報だとその数は20人を超えるとも言われ、芸能界を巻き込んだ一大スキャンダルに発展する可能性があります。

 ペニーオークション(入札手数料オークションとも呼ばれる)は、毎回の入札毎に手数料が必要になる形式のインターネットオークションです。表示上の開始価格や落札価格は通常のオークションに比べると低額ですが、入札時の手数料が高額になることが多く、結果的に高い買い物になるケースが少なくありません。日本では2009年頃から広まりました。
 落札できなかった場合でも手数料を支払わなければらないうえ、一切返金されないため、国民生活センターへの相談件数は2009年度の19件に対し、2010年度は173件と急増。2010年12月には、消費者庁が利用に注意喚起を促しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です