花巻東の大谷、高校生投手最速160キロ

 今秋のプロ野球ドラフト会議の目玉、高校ビッグ3の一人である花巻東高校の大谷翔平投手(3年)が、岩手大会準決勝の一関学院戦で今夏初先発。その試合6回2死二、三塁のピンチで見逃し三振を奪った直球が、岩手県営野球場のスピードガンで時速160キロを表示しました。時速160キロは、2001年夏の甲子園大会で日南学園高校の寺原隼人投手(現オリックス・バファローズ)が出した158キロを抜き“高校生最速記録”となりました。

 6回2死二、三塁。初球で157キロをたたきだし、154キロ、157キロ、159キロ、157キロ。そして3ボール2ストライクからの6球目に高校生最速の160キロを計測。電光掲示板に映し出された「160km/h」の文字にスタンドは大きくどよめき、拍手が湧き起こりました。

 最近では高校生の投手が150km/hを出すのも珍しく無くなってきていますが、1980年以降、高校生では日南学園の寺原隼人(現オリックス)が2001年夏の甲子園で出した158キロ(スカウト計測)が最速でした。甲子園以外では仙台育英の佐藤由規(現ヤクルト)が2007年9月の日米親善大会で157キロを出しています。
 その他有名な所では松坂大輔や菊池雄星、辻内崇伸、高井雄平等。

 ちなみにプロ野球の投手で160キロ以上は2008年にマーク・クルーン(巨人)が162キロを記録、2010年に佐藤由規(ヤクルト)が161キロ、2009年林昌勇(ヤクルト)と今年7月5日のマシソン(巨人)が160キロを記録しており、合計4人。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です