社債購入詐欺で7人逮捕

 千葉、栃木、鹿児島3県警合同捜査本部は13日、実体のない会社の社債を購入するよう依頼し380万円を騙し取ったとして、栃木県小山市東城南2、無職、松波宏明容疑者(23)ら男7人を詐欺容疑で逮捕しました。

 容疑は、昨年11月、兵庫県加古川市の無職女性(65)に、実在する証券会社を騙り「鉱山資源会社の社債を500万円分購入し譲ってくれれば150万円の謝礼を支払う。購入費も返す」などと複数回電話で勧誘し、8回に渡り計380万円を振り込ませて騙し取った疑いです。松波容疑者ら4人は容疑を否認し、3人は認めているという事です。

 捜査本部によると、松波容疑者らは、実体のない鉱山資源会社のパンフレットを作り、事前に被害者に送りつけて社債を募集しているように見せかけていました。この会社名義の口座には、23都道府県の約110人から計2億2450万円が入金されており、県警が余罪を調べています。

 「社債を代わりに買ってくれれば謝礼を払う」、良くある]詐欺の手口なのですが、いまだに騙される人が後を絶ちません。この事件で騙された女性も「500万円で購入すれば、650万で買い取る」という話を信じてしまっています。30%も上乗せして買い取る等と言ううまい話をどうして信じてしまうのか?。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です