F35調達価格、百数億円で調整へ

 日米関係筋が14日、明らかにした所によると、日米両政府は、日本が航空自衛隊の次期主力戦闘機(FX)として2016年度からの導入を決めているF35について、1機あたりの調達価格を当初より高い百数億円とする方向で調整に入ったそうです。

 F35はアメリカ合衆国の航空機メーカー、ロッキード・マーティンが中心となって開発中で、当初価格は1機あたり99億円となっていました。だが、アメリカ側が国防費削減などの影響によって価格が上昇することを伝えてきたという。
 日本政府は1012年度予算に、99億円を前提に、機体4機分とパイロット訓練用のシミュレーターなどの関連経費を総額600億円計上していました。

 F35は統合打撃戦闘機計画に基づいて開発された、第5世代ジェット戦闘機に分類されるステルス機です。アメリカ空軍・海軍・海兵隊、イギリス空軍・海軍、航空自衛隊などが採用を決定しており、あわせて数千機が製造される見込みですが、開発の遅延や当初予定より大幅なコスト高などの課題も抱えていました。
 導入時期も2019年にずれ込むとの報道もありますが、当初懸念されていた事が現実の物となってきたようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です