祇園事故、4人が死亡

 12日午後1時過ぎ、京都市東山区大和大路通四条の交差点付近で、軽ワゴン車が歩行者の列に突っ込む事故がありました。

 京都市消防局によると、男性5人、女性8人の計13人がはねられて搬送され、心肺停止や意識不明の7人のうち、3人(男性2人、女性1人)が死亡が確認されているそうです。
 車は事故後、大和大路通を北上して逃走し、約200メートル先でタクシーなどを追い越そうとして電柱に衝突して停止。運転していた同市西京区の30歳とみられる男も病院搬送後、死亡が確認されています。

 赤信号の交差点へ、クラクションを鳴らしながら減速せずに突っ込んだようです。まともな人間でないのは間違いなさそうですが、犯人の死亡により、事件の真相が明らかになる事はないかも知れませんが、なんとなく秋葉原の通り魔殺人事件を思い出してしまいます。特定個人を狙ったのではなく、無差別殺人。両方とも世界的に有名な観光地であることも共通していますし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です