日本、C組首位に再浮上

 Uー23による、サッカー男子のロンドンオリンピック・アジア最終予選第5戦は22日、各地で行われ、C組の日本は当地でマレーシアに4-0で快勝しました。

 予選突破へは大量得点による勝利が必要でしたが、日本代表は見事にクリアして勝ち点を12としました。更に同組首位のシリアが敵地でバーレーンに1-2で敗れて勝ち点9となり、日本はC組首位に返り咲いてロンドンへ王手をかけています。
 日本は、3月14日に国立競技場(東京)で行われるバーレーンとの最終戦で勝つか引き分ければ、5大会連続9回目のオリンピック出場が決まります。しかも、敗れた場合も他チームの結果次第で1位通過の可能性があるという、非常に有利な状態を手に入れています。

 オリンピックではルールによって、男子は23歳未満という年齢制限があります(ただし、3人までであれば23歳以上(オーバーエイジ)の選手も参加できる)。そのため、代表チームはU-23と表記されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です