小池氏とのツーショット写真に3万円徴収

 希望の党の小池百合子代表は1日、公認候補予定者と選挙用ポスターやチラシに使用するための写真撮影に応じましたが、撮影料として3万円を「徴収」したそうです。

 党のトップと候補予定者の撮影は、特にトップの人気が高ければ高いほど行われる事です。しかし、その為に料金を聴取するのは異例で、過去に聞いたことがありません。

 希望の党は公認を求める民進党議員に、600万円以上と言われる立候補のために供託金などの自己負担も要求していると言うことで、どうやら余程資金に困っているようです。

 民進党には政党助成金などで100億以上の資金がプールされていて、解散前には立候補を予定している各議員に500万円が分配されたそうです。希望の党は元々民進党の資金目当てに接近したのでは無いかと言われ、小池代表はこれを否定していましたが、間接的に民進党の資金が希望の党に流れていることになります。

 通常政党が解党されれば、政党助成金は国庫へ返還しなければなりませんが、民進党はそれを避けるために解党はせず、希望者が離党して希望の党へ参加する方法をとっています。そして、参加した議員を通して民進党の資金が希望の党へ流れる。非常に巧妙な手口ではないでしょうか?。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です