シャープ3年ぶり営業黒字

 シャープが28日発表した2017年3月期決算によると、本業のもうけを示す営業損益が前年の1619億円の赤字から624億円の黒字となり、3年ぶりの黒字転換を果たしたそうです。

 純損益は248億円の赤字でしたが、これも前年実績の2559億円から大幅に改善しています。また、シャープ最大の売上高である液晶事業は前年の1772億円の赤字から35億円の黒字になっています。

 野村勝明副社長は記者会見で、「構造改革やコストダウンの取り組みが想定以上の成果を上げた」と述べましたが、売上高は前年比16・7%減の2兆0506億円で、余り喜んでもいられません。しかし、売上高が16・7%減なのに黒字化を達成するとは、今までいかに無駄が多かったかと言う事でしょう。

 これまでのシャープは何をやっても功を奏せず、赤字ばかりが膨らんで、遂に昨年台湾の鴻海精密工業に買収されてしまいましたが、わずか1年で黒字転換です。これまでの経営陣は一体何をしていたのか?、と言う話です。

任天堂、33%減収

 任天堂が26日発表した2016年9月中間連結決算によると、売上高が前年同期比33.0%減の1368億円となったそうです。これは中間連結決算の公表を始めた2000年以来、最低の数字です。

 本業のもうけを示す営業損益は、59億円の赤字(前年同期は89億円の黒字)でした。

 先日発表された新型ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の発売を来年3月に控え、現行機種である「Wii U」がハード、ソフト共に販売が大幅減少しています。また、海外の売上比率が7割を超えるため、円高による為替差損399億円が発生。利益を押し下げました。

 その一方、スマートフォン向けゲームの「ポケモンGO」のヒットにより120億円の利益が加算。さらに、メジャーリーグのシアトル・マリナーズ運営会社売却益627億円により、最終利益は3.3倍の382億円と、大幅増益になっています。

 任天堂は「Wii U」が不振で、売れるゲームも人気のシリーズばかり。スマートフォン対応が遅れ、おまけに円高で、かつての栄光は影を潜めています。今後はスマートフォン対応も進めるようですが、新型機と合わせて何処まで巻き返せるか。

春日山親方に辞任勧告

 日本相撲協会は12日に両国国技館で開いた臨時理事会で、春日山親方(39 元幕内浜錦)・本名高浜竜郎に対する辞任勧告を全会一致で決議、本人に勧告しました。

 春日山親方は1999年3月場所に幕下付出で初土俵を踏み、浜錦の四股名で幕内を7場所務め、最高位は東前頭11枚目。2012年に引退して年寄春日山を襲名することが承認され、協会理事に専念する雷(元春日富士)に代わり、春日山部屋の師匠となりました。

 しかし、間借りしている春日山部屋敷地の賃料未払い問題で先代春日山の岩永祥紀に提訴され、高浜は逆に岩永に年寄名跡・春日山の証書の引き渡しを求めて提訴。賃料未払い問題は、賃貸契約を解除して未払い分1740万円を支払い、部屋を引き払うことで和解。一方証書の引き渡しについては、横浜地方裁判所は部屋継承の対価が「1億8000万円は下らない」とし、高浜に対して未払いの1億7160万円を支払うよう言い渡しました。

 親方になったはずなのに、年寄名跡証書を所有しておらず、さらに部屋を離れて生活し、秋場所中に部屋を訪れていなかったりと、師匠のつとめを果たしていないことが問題視され辞任勧告となりました。しかし、親方に辞任勧告とか聞いた事がありません。